ライフコーチ Tag

Hello Everyone, Micchiです。 会社での出来事が家での出来事とリンクしたことがありました。 会社で私の上司にお客様に対するアプローチを相談したのです。私はこうしたいんだけど、どう思いますか それに対して彼は否定的で、私が言うことすべてに、相手の行動、言動パターンにジャッジをする言い方をするのです。 たとえば、お客さんから予算上今話を進めることは難しいっと言われました。 上司:それはその優先順位が低いと思われているからでしょ。 私:日本の会社では要求されているが、承諾するのに時間がかかるということです。 私とお客さんの話だけで、優先順位が低いというシンプルな判断をしてほしくない!っと私は思いました。 そして、そんなことを言ってほしくて、相談したのではない!というのが本音です。 その日実は家でこんなことが起こりました。 息子のテニスのレッスンを日曜から月曜に変更したのです。それは先週話し合って決めたこと。 息子:〇〇ちゃんと遊べなくなる!! 私:何をいまさら。〇〇ちゃんだって、塾に行くことになるから遊べなくなるかもしれないし。 息子:今週は日曜と月曜2日もいかなくちゃいけなくなる。月曜に〇〇ちゃんと遊べなくなる。。( ノД`)シクシク… ( ノД`)シクシク… 私:どうすればいいの?テニスやめるの? 息子:そう言うことをいってるんじゃない。 息子:〇〇ちゃんと遊べなくなるのが、悲しいの。 この後かなり大きな声でバトルしたわけで。 ここで気が付きました。あれれれれれ。。。。 息子君はただ、愚痴りたいだけ。テニスが月曜になったことも受け止めてる。ただ、悲しいっていう表現をしたいだけ。 母としては、聞いてあげるだけでよかったのです。 そこに解決策を求める必要はなかったのです。 相手の気持ちにジャッジして、良いか、悪いか私が判断して、行動を促す必要はないのです。 会社でも同じで、お客さんの気持ちを私たちが判断して、裏を考えてとか、そう思われている予測ベースで判断する必要はないのです。 いつもYES,NOを早くしたがる私はこの1件は非常に学びになりました。 ...

Hello Everyone, Micchiです。 最初は親子関係を書いている本なのですが、私の場合完全に親の立場で子供との距離感に感情移入していました。 おそらく、子供を育てている特にお母さんは同じような経験、感情を少なからず持ったことがあったのではないでしょうか 私の息子君は小さいときからかなりやんちゃな方で、幼稚園の時から何度も、何度も私は呼び出しをうけ、幼稚園という場所なのに、学校(園)から面倒が見れないのでしばらくお休みしてもらえませんかっ言われたほど。 自分の事じゃないから、どうしていいのかわからなく一人で悩んで、感情を子供にぶつけるという悪循環で、この時期ばかりは辛かったな。今でも思います。 子供のとの関係は現在もいつも試行錯誤です。 この本めちゃくちゃお勧めです。 鏡の法則の本の引用 シングルマザーやシングルファーザーの方であれば、自分一人で抱えずに、相談できる相手を見つけることがお勧めします。ひとりで抱えるのは苦しいですし、抱えきれない感情がどうしても子供に向かってしまいがちです。 私たちは皆、不完全で未熟な存在です。親も不完全で未熟でいいのです。 ちょっとだけ、救われますよね。 今子育てに悩んでるお母さん!あなただけじゃないですよ。 私もです。...