a

世界最強ライフコーチのトニーブラウン

Hello Everyone, Micchiです。

トニーロビンスって誰?

世界で有名なライフコーチで今まで数万人の人生に関わりコーチングを仕事にしている人。

Transform your life より良い人生にするために変わることをモットーに世界の超一流有名人や政界の人達もコーチングを彼からコーチングを受けているというとにかくすごい人。

NETFLIX

基本怠けものなので私はダラダラとテレビを見てていいよっ!って言われたら何時間でも見てられるのですが、罪悪感を感じるので、たまたま見つけたトニーロビンズのドキュメンタリー、彼のセミナーの様子をNETFLIXで配信していたので、見てみた。

すごい荒行のセッションであった。これはきっとアメリカン人だから成し遂げらる技、テクニックなのだろう。

印象的だったセッションを一つだけ紹介します。2500人の前で自分の問題点を彼にぶつけるというそれだけでも勇気がいることだけど、19歳の女性が話し出した。

最初彼女はダイエットしたいんだけど、できないの!って話し始めた。そこからトニーは彼女の問題はほかにあると感づいたのだ。

彼女の問題は父親との関係だった。父親に拒絶され、愛してもらえなかったことで、もっと愛を求めた。そんな父親を愛している事に自分自身を好きになれなかったということだった。トニーはこのままだと今後男性との関係に障害がでるかもしれないという。ずっと自分を愛してくれる人を求め続ける。

彼女は父親との関係を修復する必要があった。怒りを表に出す必要があると彼は言った。

父親を責める。

頭で責めるのではなく、魂で。

父親のせいで悪いことが起きたとするならば、父親のせいで良いことだって起きるはず。人は問題をあってはいけないと思う。問題があるから人は成長できる。問題があるから自分自身の器を大きくするようになる。問題は自分の為にあるということを知ってほしい。

トニーロビンスはこう締めくくった。

父親の問題は貴方が成長する為に用意されたもの。貴方の父親が完ぺきだったどうだった? こんなに強い意志を持った女性にはなっていなかったはず。そうしてくれたのは、父親の存在があったから。

最後に彼女は父親に自分の気持ちを話してみると誓った。

最後に

私もそういえば、母にもっと愛してほしかった。もっと母親らしくしてほしかったっと思った時期があった。心の奥にしまっておかないで、もし同じような気持ちを持っている人がいたら、自分の気持ち話してみてね。

私は話したよ。

https://ameblo.jp/queen-stonereading/entry-12508009044.html

3 Comments
  • Robert Nordstrom
    Posted at 10:52h, 30 August Reply

    Proin non cursus ex. Cras quis lacus imperdiet, aliquam nisi rutrum, facilisis magna. Suspendisse elit lorem, gravida sit amet nunc id, fringilla pulvinar nisl. Donec magna libero, rhoncus ac rutrum in, pretium at ante. Praesent semper ac felis sed congue. Proin tristique eros et est porta, eget imperdiet mauris commodo. Quisque elementum massa magna, nec accumsan porttitor.

    • Kaye Classen
      Posted at 10:55h, 30 August Reply

      Etiam a tincidunt lorem, sit amet fermentum lorem. Integer eget augue eu tortor dapibus suscipit diam vitaena.

  • Robert Nordstrom
    Posted at 10:56h, 30 August Reply

    Aliquam in lacinia massa. Mauris tempus tortor quis urna aliquet porta. Ut tincidunt elementum sollicitudin. Donec mollis laoreet leo, porttitor fringilla elit congue id. Nulla a tempus purus. Integer maximus dignissim risus at sagittis. Nullam in leo eros turpis qua.

Post A Comment